読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆたりのTY日記

いつも心温かく生きていいって。

鼻うがい(1) (2017年2/18更新)

鼻うがい

開始:恐らく2012年12月から。

 

道具

①鼻うがい用の容器。私の場合、Bスポット療法を受けた耳鼻科医院で鼻うがいのやり方を書いた紙をもらい、生理食塩水と共に容器も処方してもらった。容器は市販のものでも全然できる。

(※2016年12/10追記…点鼻容器は、点鼻瓶・点鼻ボトルなどと呼ばれる。薬局さんに聞いたところ、処方なしでも実費で1つ50円くらいでも買えるとのこと。取り外し可能なノズルが付いた、ポリエチレン製と思われるやわらかめのボトル。噴霧式ではない。100均などでも探せば、代用できるものがありそうな気もする。)

 

②生理食塩水。現在は入手に処方箋が必要。私は自家製生理食塩水使用。

 

頻度:基本は起床後に歯磨きとセットでと、外出からの帰宅後や就寝前などの朝晩2回。掃除機をかけたり、シーツを取り替えたり等ほこりを吸っただろうと思われるときもすぐやる。

 

参考文献:堀田修さんの鼻うがいの本

「よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる」

 

やり方:鼻から生理食塩水を入れる。その時、「え~」と言いながら少し上向きに顔をあげる。生理食塩水がのどに落ちる前、すこし溜まったら、口から出す!その作業を容器から生理食塩水がなくなるまで繰り返す。ものの1分くらいか、もっと短いかも。(両鼻で30ccくらい?)口から出すと、たまに「膿栓」が出てくるときがある…(前の鼻うがいからだいぶ時間が空いたとき等…)

(※2017年2/18追記…このやり方は上記参考文献のやり方とは違うので注意。)

 

口から出すのが難しかったり、鼻うがい自体に慣れるまではもっと少量しか入れていなかったので、口から出さずに「ごっくん」していた。(「ひえ~」と思われるかもしれませんが、参考文献によると飲み込んでOKとのこと。)

 

終わった後は、普通のうがいと口をゆすぐ。それと鼻うがい後すぐは鼻をきつくかまないこと。中耳炎になる可能性があるので。

 

効果

耳の下からの首あたりが張っている感じがするとき、目の奥や鼻の奥、頭の鼻に近い部分の重だるいときなど、さっと鼻うがいをすればすこし軽くなる気がする。

 

1日1回だけとか、全くやらない日が2日くらい続くと、その時の調子にもよるが、私は肘がまっすぐ伸ばせなくなる拘縮がひどくなりやすいと感じる。1日2回に戻すと、拘縮がひどくなることはない(使いすぎなどは別として)。

 

これをやったことで劇的に何かが「変わった!」という実感はすぐには感じないかもしれないが、鼻うがいが習慣になったときに、やらなかった日があると、けっこう違いがわかる。やらないと、頭から首、肘、そして膝という順番で、身体がなんとなく重くなっていると感じる。(重怠さがそこまでひどくなったらBスポット療法を受けに行ってみるのもあり。)

 

思うところ:のどのうがい・手洗い・歯磨きと同じ感覚でやっている。炎症の原因になるものに早めに対処して、炎症を身体に拡大させないことが肝心なのだと実感。小さい手間で対処できるうちにやれば、放っておいて身体に大きな症状になって出てから対処するよりはるかに楽だし、結果身体にも余計な負担がかからない。

 

余談:耳鼻科に行った際、エネマシリンジ(ポンプの付いた管みたいなの)を使って500mlの生理食塩水で鼻洗をしたり、ネットで購入した3.5mm径のシリコンカテーテルを使って、ヨガのスートラネティという鼻腔を鍛える方法もやってみたが、現在の鼻うがいが手軽なので続いています。(スートラネティ…鼻から通したうどんを口から出すアレみたいな状態)

 

※注意…効果などは個人的な見解であり、すべての方に当てはまるとは限りません。試される場合は、ご自身でもよく調べられた上、自己責任でお願い致します。

官足法(3) 友人の話(アトピー)(2017年2月7日更新)

 

☆官足法

官足法(1) 道具、メニューなど (2016年8/28更新) - ゆたりのTY日記

官足法(2) 効果というか、変化 (2016年10/22更新) - ゆたりのTY日記

の記事もあり。

 

私は、官足法を始めてから調子の良さを実感し、持病がある友人にも勧めずにはいられなかった。

 

はじめは私のしつこさに怒っていたある友人も、「そんなに良いならやってみるわ」と言って、2016年の初めにウォークマットを買って、毎朝踏み始めた。

 

その友人は子供の頃から喘息があり、アトピー性皮膚炎にも悩んでいた。

 

毎年初夏頃から調子が悪くなり始め、どんどん痩せていき、皮膚の調子も悪くなる。

 

好きな旅行や遊びに行こうにも、「行けるか行けないか、その日にならないとわからない」という低空飛行で、なかなか楽しめない状態だったそうだ。

 

それが、マットを踏み始めた2016年は、初夏からの調子の崩れがなく、数々旅行に行き、海外旅行にも元気に行けるほどだったそうだ。

 

もちろん、その友人は他にも色んな療法や健康法を試したり、継続もして努力している。

 

しかし、やはり官足法の力が大きいように感じていると教えてくれた。

 

その友人は、始めて2週間くらい経って肌のうるおいに変化を感じ始めたと言っていた。

 

慢性の病気を持っている者同士として、楽しそうに過ごしている友人の話を聞いていると、とてもうれしい。

 

友人は、アトピーがひどかった頃には、なかなかできなかった体験をたくさんしているようだ。

 

本当に良かった。

 

※2/7追記

それまでは、親しい友人と旅行に行っても相部屋は断っていたそうだが、元気になった今では見知らぬ人と同じ部屋で泊まる「ドミトリー」でもOKになった自分自身に驚いているそう。アトピーで元気がないときは「自分は人見知りだ」と思っていたが、本来の自分は実はそうではなかったことに気が付いたそう。

 

 

アトピーで苦しんでいる人に読んでもらえたらいいねと、このブログにこの話を書くことを承諾してくれた。ありがたや~)