読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆたりのTY日記

いつも心温かく生きていいって。

歯のケア(1) 銀歯のクラウンを変える


私の歯は、下あご左右に2本ずつある小臼歯のうち、1本ずつが銀歯のクラウンだった。

 

大きく「ニッ」と笑顔を作ると左右の銀歯が見えてしまうので気になっていた。

 

銀歯にする時に、審美性が気になるようであればセラミッククラウンもあるが、一本5~10万円だと聞いて保険適用の銀歯にしたが、やっぱり初めて銀歯になった姿を鏡で見た時はショックだった。

 

それが、2015年に別の歯医者に治療に行った際、銀歯のクラウンのことを先生に言ってみたら、2014年から小臼歯のみハイブリッドセラミッククラウンが保険適用になったとのことだったので、喜んで変えてもらった。

 

治療費含めて1本1万円くらいだったと思う。

 

口を大きく開けても、きらっと光る銀歯がなくなって、本当にうれしかった。

 

見た目だけではなく、体調面でも改善されたことがあった。

 

まず、PCに長く向かっていると、いきなり「ピキーン」と首が緊張する感じになることがあったのだが、それがなくなった。

 

もう一つ、時々朝起きて手首をひねろうとすると、これまた「ピキーン」と神経に触るような痛みが走ることがあったのだが、それもなくなった。

(これは、化繊・合成繊維混のパジャマを着なくなったこともあると思うが。)


(クラウンを変えた時は官足法も始めていたので、それらがなくなったのは官足法のおかげもあるかもしれない。)

 

私としては、銀歯のクラウンをハイブリッドセラミックに変えたことで、上の銀歯の詰め物と触れた時に発生していたガルバニー電流が減り、自律神経への悪影響が減ったのではないかと勝手に思っている。

 

たった2本の歯を変えたことで、結構な痛みが軽減された。

 

ちなみにアマルガムはまだ2本ほど歯にあるみたいだけど、そこはまだ検討中だ。