読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆたりのTY日記

いつも心温かく生きていいって。

地震の予兆を知る。(2017年3月11日更新)

 

はじめに、全国の地震やその他の災害の被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

心に平安が訪れますように。

***・***********・***・***********

 

日々起こる地震や自然災害。

 

はっきりとした予知まではいかないが、それらの予兆を私達は知ることができると私は信じている。

 

自分でその予兆に気づくことができれば、備えることができる。

 

今回は特に、地震の予兆を知る方法について、私の場合を書いておく。

 

※途中少しショッキングな記述があるので、繊細な人は読まないでおくか、心して読んで欲しい。

※もちろん、今のところ科学的根拠はない。

 

①瞑想のとき、グラウンディング(自分と、地球の中心をコードでつなげるイメージを描く作業・儀式?)で、コードがなかなか降ろせない。または、ある方向からの圧力を強く感じる。急にある方向からの圧力が強くなり、それが何日も続くようなら②の地図で確かめる。

 

②ネットの地図上(アメリカのUSGSという地質調査機関の地震地図)で、カーソルを走らせたとき、(自分の身体に)痛みや圧力を強く感じる場所は、なんらかのエネルギーが溜まっているのか、放出が始まっているのかもしれない。ただし、断層上や、天候の悪い場所なども痛みを感じることがあるので、この方法は24時間365日地図を見ていないと、取りこぼす可能性あり。しかし、いつも痛みや圧力を感じる場所は要注意箇所としてマークしておいた方がよいのだろう。

 

③夢に見る。これは自分以外の人の夢でも。

※しかし、夢に出てくるのが、ズバリそのものの地名ではなく、似た地名だったり、地震や災害が起こった後のテレビの映像だったりで、災害が起こってからその意味がわかることのほうがまだ多い。

 

④急にある場所に行きたくなり、そこへ行くための下調べをし始める。
※しかし、これは地震が起こるまでの期間が長いときがある。エネルギーが溜まり始めたときに、その土地に注意が向くのかもしれない。エネルギーの放出がいつ起こるかはわからない。

 

⑤突発的に人が襲われる事件や、不注意からの事故が起こる。
※犯人がわけのわからないことを言いながら人を襲う事件、認知症ではない人が運転中に歩道などに突っ込んで起こした人身事故(運転手の事故の際の記憶がなかったり曖昧)が起こる。そういう「あれ?」という事件・事故があるときは、その土地周辺で強いエネルギーの放出が始まっていて、敏感な人に影響が及ぶのか。これは地震に限らず、豪雨などのその他の自然災害のこともある。しかし事件が起こる場所と地震震源は少し離れているかもしれない。エネルギーの溜まっているそのものの場所ではなく、別の特定の場所にサインが現れるのかもしれない。「Aという場所で兆候が表れているときは、Bにエネルギーが溜まっていて、放出が始まっている。」

 

⑥天気図で、何か気になるライン上の濃い雲がかかっている場所。そしてそれがよくある場所。

 

⑦オラクルカードで知る。
※私が使っているのは「ソウルメイトオラクルカード」というもの。これの「44 畏敬の念」というカードが出た当日から2日以内くらいが要注意。ただし、このカードは地震だけを表しているわけではなく、急な雨などを知らせる場合もあるので他の予兆と合わせて考慮する。

 

⑧起床後の瞑想ができない。その当日から要注意。
※2016年4月の熊本地震は最初の大きな地震の10日前から地震後44日後まで起床後の瞑想ができなかった。2016年10月21日の鳥取県倉吉市震源地震はその当日に起床後の瞑想ができなかった。ちなみに、その時でも就寝前には瞑想できる。

ーーーー 

他にも、世界各地の地震を見ていれば、ある場所が揺れた時は日本のある場所も揺れやすいとか、満月の時は地震が多い、などもあると思われる。 

 

人間も生き物。その感じる力を思い出そう。