ゆたりのTY日記

いつも心温かく生きていいって。

アイロン当て(アイロン療法)(3)、痒み・紅斑・野牛肩、かっさの話

(初回投稿2017年6/6)

 

今年(2017年)の5月中旬~下旬頃から、片側の肩や背中や両すね、顔の一部がうすら痒くなってきた。

 

どうやら、私は汗ばむくらいの気温になってくると、痒みが出るようだ。

 

特に肩、背中が痒いし、寝ている時に触ると他より冷えている。

 

痒みはすぐ治まるかと思ったら、日々増してきて掻いてしまい、掻くとぽろぽろ湿疹になった。

 

これ以上掻かいて皮膚にダメージを与える前にと、アイロンを出して当てた。

 

(やり方は下記リンクをご参考までに。)

アイロン当て(アイロン療法)(1) (2016年8/28更新) - ゆたりのTY日記

アイロン当て(2)ステロイドの副作用、満月と野牛に対処する。(2016年12/12更新) - ゆたりのTY日記

 

熱が染み入る。

 

なんだか不思議だが、アイロンを当てた部分の皮膚だけじんわり汗が出て湿る。

 

痛い部分もあるけど、気持ちいい。

 

くり返すと血流が良くなり、滞っていたものが流れるのか、痒みも痛みも「アチチ!」感もなくなる。

 

しかし滞りは完全に解消されてはいないのか、また半日くらいすると痒みが少し出てくる。

 

あと数日アイロン当てをくり返したら、痒みは完全に治まるだろうか。

 

やってみないと分からない。

 

とりあえず、すこし痒みを感じて来たらアイロンを当てる。

 

 

初夏に汗が上手く出せず水毒が皮下に滞留するのか?

 

ステロイドの副作用に野牛肩・バッファローショルダーがあるが、場所柄この背中や肩の痒みも、それと関係していそうだ。

 

ちなみに以前も少し書いたが、野牛肩になっているときアイロン当てをすると、バッファローは消え去る。

 

しかし、何週間かして、気が付くと我が肩にバッファローが再来しているので、またアイロンで温めてバッファローには野に帰って頂く。

 

アイロンじゃなくて「かっさ」で流すのでもいいのかもしれないが、アイロンの熱は深部にまで作用しそうな気がする。

 

ただし、かっさは、顔の紅斑に使っている。

 

私の場合、顔の左右のうち半分だけにボツボツと紅斑のミニ版みたいなものが出ることがある。

 

そして、それが出ているときは、滞りが極まっているサインのようで、顔の左右を触ると、ミニ紅斑が出ていた方の顔の半分が、そうじゃない方より出っ張っていることに気が付く。

 

 

それをかっさで押しやると、しばらくしてミニ紅斑の色が薄まる。

 

 

お勧めしないが、紅斑の部分も恐る恐るかっさで押しやっている。

 

 毛細血管が拡張?してしまうのは、免疫複合体が詰まってしまい、それでも血液を流そうとするためなのだろうか?

  

ちなみにミニ紅斑の部分にアイロンを当てたら「ぴりッ」と他では感じないものを感じたので、それからあまりアイロンで触っていない…。

 

 色々試行錯誤中だ。