ゆたりのTY日記

いつも心温かく生きていいって。

ぬか漬け(1)

 

最近ずっとやってみたかったぬか漬け作りを始めた。

 

私の中で「ぬか床を毎日混ぜなければいけない」というのが長いことネックになっていた。

 

ぬか漬け経験者の友人に聞くと、「冷蔵庫で管理すれば毎日混ぜなくていい」とか、お料理の本でも「常温管理でも4~5日に一度混ぜればよい」とか書いてあったりで、今のところ夏場以外はそんなに目くじら立てて「混ぜるべし!」とならなくてもいいような気がしているが、今のところ毎日かき混ぜている。

 

子供の頃からぬか漬けが苦手だったのだが、どこかのお店で人参のぬか漬けを頂いて美味しかったので、それから、ぬか漬けの見方が変わった。

 

早速色々試した今のところの結果。

 

人参…一番に漬けた。半日~1日くらいで美味しい。リピート。

 

キュウリ…ぬか漬けで食べない方が私は好き。

 

加賀太きゅうり…「私は今シンナーを食しているのか?」と思うようなインパクトの味。これをぬか漬けにしてしまって農家さんには申し訳ない思い。1本のうち7割は煮物にしてよかった。以後はぬか漬けにはしないと心に誓う。浅漬けならうまいのか?ちなみに、漬ける前にスプーンで取り除いた太きゅうりの種の部分は捨てずに、味噌をかけておつまみにした。これはなかなかいける。

 

プチトマト…意外にも一番美味しい。フルーティーさが増すというか、トマトの酸味の角がとれてまろやかさが増している感じ。リピート。

 

かぼちゃ…京都の某漬物屋さんで浅漬けが美味しかったことがあり、ぬか漬けもできるのでは…と試した。が……、厚く切りすぎたせいとかでもなく、薄くスライスしようが、どうにもこうにもな物が漬けあがった。それは後に塩抜きし汁物の具にした。こうなったのは乳酸菌のせいではない。私の下処理の知識不足と、かぼちゃの品種のチョイスが間違っているからに違いない。要リベンジ。

 

大根…大根は漬ける前に陰干ししたほうが良いとも聞いたが、とりあえずそのまま漬けてみた。まぁ、またやるかな?という感じ。これも漬け方に改善の余地あり。

 

ゆで卵…やってみたくてうずうずして漬けてみたが、出来上がりの味は私は……ふ~ん……だった。まずくはないが、もう一度食べてみたいとも思わない。2つあるぬか床のうち、片方の匂いがあまりよろしくないのは、おそらくゆで卵を漬けたからのようだ。腸内でも、タンパク質過多だと同じことが起こってるのかもしれない。

 

 

私のぬか床研究は続く…。