ゆたりのTY日記

いつも心温かく生きていいって。

気の流れを制御?

 

ある日、ある街を一人てくてく歩いていた。

 

大きくて立派なビルばかりが立ち並ぶエリア。

 

でも週末なので、メイン通りから外れた道はあまり人がいなかった。

 

そんな歩道の、ある街路樹の近くに来たとき、何か気になる感覚がした。

 

なんだ?なんだ?と思いながら、すぐそばのビルの案内看板を見ると、ある財閥の名前を冠した企業がずらりと並んでいた。

 

「ふ~~ん」と思いながらも、まだそこから動けない感じがする。

 

一応辺りを見まわして、近くに人がいないことを確かめてから、特に気になる場所へ手のひらを向けた。

 

私が立ち止まった場所は、その大きなビルの前の入り口前に取ってある広いスペースに面した歩道に植えてある街路樹のそば。

 

手のひらは街路樹からビルの入り口に向かって、エネルギーの流れがあるように動いた。

 

そして、入口の前の方に目を向けて少し驚いた。

 

入り口前のスペースで風が小さな竜巻を起こしていた。

 

3分間くらい枯れ葉が渦巻いていた。

 

スマホで映像を撮ろうとしたら、竜巻は収まってしまった。

 

高層ビルの狭間ではよく強い風が起こるけど、その歩道の方からビルの入り口に向かって、気が入ってくるように建ててあるのかな、と思った。

 

「そういう奥義みたいなことを、しっかり意図してやってきたから財閥などって大きくなったのではないの?」と勝手に想像した出来事だった。

 

たまたまか、よくあるビルの竜巻か。私のただの妄想か。